血流を良くするサプリの選び方講座

サイトマップ

血流くするサプリ方講座

元気になりたいひと必見!!血流を良くするサプリを徹底リサーチ

すぐ分かる
血流セルフチェック

血流を良くするには活性酸素の除去が効果的

すべての元凶は活性酸素

血流が悪くなる原因のひとつとして、血液中のコレステロールや脂質の酸化が挙げられます。

悪玉コレステロールが酸化すると、血管壁の内側に蓄積してしまい、血管が狭くなり弾力も失われて、血流が悪くなってしまうのです。

また、酸化したコレステロールや中性脂肪は過酸化脂質と呼ばれ、接着剤のように血管内にへばりつき、更に新たな過酸化脂質を作り出してしまいます。

この「血流を悪くする仕組み」を作り出しているのが活性酸素なのです。

活性酸素を取り除かない限り、いくら血管を柔らかくしたり血栓を溶かしたりしたところで、根本的な改善には至りません。

サプリを活用すれば活性酸素を効率的に除去できる

血流を悪くする原因である活性酸素を除去するには、抗酸化作用のあるサプリが効果的です。

もちろん、バランスの良い食事など、日常生活の注意で血流を改善することも可能です。しかし、充分な量の抗酸化成分を、1日3回の食事だけから摂るのはとても難しいことです。例えば、玉ねぎに含まれている抗酸化成分のケルセチンの1日あたりの摂取目標量は200〜500mg(成人の場合)とされていますが、これは玉ねぎおよそ1Kg分に当たります。

日常的に無理なく抗酸化成分を摂るには、サプリの上手な活用が現実的です。

おすすめの血流を良くする抗酸化成分とサプリ

血流を良くする効果で注目を集めている抗酸化成分を集めて、比較しました。 活性酸素にはいくつもの種類があり、抗酸化成分によっては、除去できる種類が違います。 ここでは、除去できる成分、代表的なサプリとその特徴・価格を調べています。

大豆発酵エキスNT

除去できる
活性酸素
4種類 一重項酸素スーパーオキシド過酸化水素ヒドロキシルラジカル
ラフィーネ-アルファの商品画像

大豆発酵エキスNTを含むサプリ
ラフィーネ-アルファ

大豆発酵エキスNTは、すべての活性酸素を除去できる唯一の成分。大豆発酵エキスを含むラフィーネアルファは、主要な活性酸素すべてと炎症因子TNF-αを抑制し、血流改善効果が期待できるサプリです。大豆発酵エキスNTのほかにも、大豆・米糠発酵エキス、フコイダン、オリーブ葉抽出物など天然由来の健康成分を配合しています。その効果の高さから、野球解説者の張本勲さんや料理人の陳健一さんも愛用。

>>ラフィーネアルファを詳しく見る

>>大豆発酵エキスNTとは?

メラノイジン

除去できる
活性酸素
2種類 一重項酸素スーパーオキシド過酸化水素ヒドロキシルラジカル
熟成黒酢にんにくの商品画像

メラノイジンを含むサプリ
熟成黒酢にんにく

黒酢が熟成する際に麹菌が作り出す、抗酸化成分メラノイジン。黒酢の黒褐色の色素を形成している成分です。熟成黒酢にんにくには、希少価値の高い「有機発芽玄米黒酢」が使用されています。黒酢のほかに、健康パワーの源、「有機にんにく」をまるごと漬け込んで熟成するこだわり製法を採用。黒酢とにんにくのWパワーが魅力です。

アスタキサンチン

除去できる
活性酸素
2種類 一重項酸素スーパーオキシド過酸化水素ヒドロキシルラジカル
きなりの商品画像

アスタキサンチンを含むサプリ
きなり

抗酸化物質カロテノイドの一種、アスタキサンチンは、エビヤカニなどに含まれる赤い天然色素です。水溶性の抗酸化成分ビタミンCなどとは異なり、脂溶性の成分のため、すぐに体外に排出されにくい特徴があります。「きなり」に含まれるアスタキサンチンは、南極のオキアミから抽出されるクリルオイル由来のもの。活性酸素を除去する効果はありませんが、血液サラサラ成分の納豆キナーゼやDHA・EPAもたっぷり入っています。

セサミン

除去できる
活性酸素
1種類 一重項酸素スーパーオキシド過酸化水素ヒドロキシルラジカル
DHA&EPA+セサミンEXの商品画像

セサミンを含むサプリ
DHA&EPA+セサミンEX

セサミンは、ゴマ1粒に1%しか含まれていない、ゴマのパワーを凝縮した希少な成分。その抗酸化力が注目され、今も研究が続けられています。サントリーの「DHA&EPA+セサミンEX」は、セサミンを効率よく摂取することができるサプリのひとつ。サントリーの独自成分、オリザオプラスを配合。

水素

除去できる
活性酸素
1種類 一重項酸素スーパーオキシド過酸化水素ヒドロキシルラジカル
Zeo7の商品画像

水素を含むサプリ
Zeo7

特許製法により体内で大量の活性水素を発生させるので、活性酸素を効率良く除去できます。体内の酸化を抑制する持続時間が高く、Zeo7には水素水30リットル分の水素が凝縮されています。

img

そのほかのサラサラ成分

気になるいろいろな成分がありましたら、ぜひ当サイトおすすめの血流を良くするサプリをチェックしてくださいね!

水素
水素
抗酸化作用で血液をサラサラに。アンチエイジング効果も
納豆
納豆
ナットウキナーゼが血栓を溶かす
ケルセチン
ケルセチン
活性酸素のダメージを予防し、血管の柔軟性を保つ
サポニン
サポニン
血栓ができるのを防ぎ、また血小板の凝集を抑える
ギンコライド
ギンコライド
抗酸化作用をもち、また血小板活性化因子を抑える作用で血流を改善する
DHA・EPA
DHA・EPA
血液細胞の柔軟性や血液のかたまりにくさに作用
ジンゲロール
ジンゲロール
血小板の粘着性や血管収縮作用のあるプロスタグランジンの作用を抑制する
アミノ酸
アミノ酸
末梢血管を拡張し、血流を改善する

血流が悪くなる原因となる症状

血流が悪くなる原因

原因を特定することで血流改善への道が開けます。自分が該当する項目があるか確認してみましょう。

  • 運動不足による筋肉の衰え
  • 体の冷え
  • 日常生活や仕事によるストレス
  • 低血圧
  • 血管の硬化
  • 血管内の詰まり
  • 血液成分の不足(赤血球や鉄分不足)
  • 脱水状態
  • 自律神経の乱れ
  • タバコ
  • お酒

ほかにもありますが、代表的なものをあげさせていただきました。

血流が悪くなることで起こる症状

肩・関節の痛み、冷え性、肌荒れ、むくみなどが主な症状として現れます。むくみ方によっては単に血流が悪いだけではなく、病気が隠れている可能性もあるためチェックしてみましょう。

  • 腎臓…全身のむくみ
  • 心臓…脚のむくみ
  • 肝臓…お腹のむくみ
  • 甲状腺…肌を押した時、弾かれるほどのむくみ

上記の症状にあてはまったかたは注意!早い段階での受診をおすすめします。

血行が悪くなることによる体への影響

血行の働きは、酸素と栄養素を体全体に運び、不要な二酸化炭素や老廃物を回収することです。血行が悪くなると体内に栄養がいきわたらず、不要な老廃物がたまってしまうことになり、体がだるくなります。

また、毛細血管の劣化が起こり、各栄養素を細胞に届けることができなくなってしまうため、疲れやすくなってしまうのです。

さらに人間の脳は人体の重さの2%しかないにも関わらず、体内にある約20%の酸素を消費します。これは、体内のどの細胞よりもはるかに高い代謝率です。酸素の供給が減ってしまうと細胞が壊れ、脳疲労が起こり認識力の低下につながります。

さまざまな血流改善方法

血流を改善する方法はさまざまです。運動不足で血流が悪くなっている場合は、運動での血流改善がおすすめ。定期的な運動をすることは、もっとも効果的な方法です。

病気が原因であれば、まずは病気の治療が優先になります。病気を治すと、血流も良くなり一石二鳥ですよ。

主にストレスが原因であれば、できるだけストレスを受けないように心がけましょう。ストレスを回避するのも大切なことです。

食事を見直すことも大事。例えば、食事で「ビタミンC」「ビタミンE」「パントテン酸」を摂取することによって血液サラサラになる効果を見込めます。

ほかにも、タバコやお酒を控えたり、姿勢を良くしたりと、さまざまな方法がありますので、自分に合った方法に取り組むのが血流改善への近道です。

規則正しい生活を送る

血流を良くするには、規則正しい生活を送ることが大切です。そのポイントを紹介いたします。

毎日続けられる運動がベスト!

血流を良くするには運動をすることが一番です。しかし、運動は続けなければ意味がありません。なので、体に負担をかけずに続けられるウォーキングやストレッチなどがおすすめです。

睡眠不足を改善すべし!

睡眠不足のままだと、血管が収縮してしまい、血流が悪くなります。そこで睡眠をしっかりとることで副交感神経が刺激され、血管が膨張して血流が改善されるのです。

体を冷やさない

湯船にお湯を張ってつかることで、体温が上昇し血流が良くなります。入浴する際のポイントは、40℃以下のぬるま湯に、じっくりとつかることが大切です。その方が体の芯から体温を上げることができます。

その他にも、日中にコーヒーやお茶を飲み過ぎないことも一つのポイントです。カフェインは摂りすぎてしまうと体を冷やす作用があるため、過剰に摂取すると改善できません。目安として、1日に2~3杯くらいにとどめておきましょう。

食事に気を付ける

「ビタミンC」「ビタミンE」「パトテン酸」などの成分を含む食べ物を摂取すると血行促進効果を得ることができます。

ビタミンC ストレスへの抵抗を高め、血流の悪化を防ぐ作用があるので、血流を良くすると共に、疲労を回復する効果があります。
ビタミンE 血液が血管内で固まってしまうのを防ぐことができ、血流改善に効果が期待できます。
パトテン酸 血液中のコレステロール値を正常にキープする働きがあり、動脈硬化や心筋梗塞の予防にも効果的です。

「ビタミンC」「ビタミンE」「パトテン酸」を多く含む食べ物を摂取することによって、血液と血管の状態が改善できるのです。

このサイトについて このサイトで紹介している商品の概要は独自に調査したものです。
メーカーの都合により、変更する場合もありますので、必ず公式サイトを確認するようにしてください。

 

Copyright © 血流を良くするサプリの選び方講座 All Rights Reserved.