サイトマップ

血流くするサプリ方講座

元気になりたいひと必見!!血流を良くするサプリを徹底リサーチ

すぐ分かる
血流セルフチェック

血行が悪くなる原因とは

ここでは、血行不良となるメカニズム、及び冷えや運動不足といった、血行不良の原因について詳しく解説しています。

血行不良になるメカニズムとは

血行不良はどんな状態

血行不良とは、血液の中の酸化された悪玉コレステロール(LDL)と中性脂肪といった過酸化脂質が増え、血液が流れにくくなっている状態を指します。血流が悪くなり、当然のことながら血液の供給を受けているさまざまな臓器もダメージを受けます。

血行不良が生じるメカニズムとは?

血行不良になるメカニズムは二種類あります。 一つは、過酸化脂質が血管壁に蓄積し、血管を狭くすることです。 血液中のLDLや中性脂肪が活性酸素によって酸化され、過酸化脂質に変異します。過酸化脂質は血管壁に蓄積し、血管壁は傷つき、厚く盛り上がってきて硬くなり血管を細くしてしまうのです。
もう一つのメカニズムは、 血管に入ったLDLが、活性酸素により酸化されて変性し、マクロファージに食べられてしまいます。LDLを食べ続けたマクロファージは泡状の泡沫細胞となり、TNF-αという物質が生じ、やがて粥状の塊(血栓)を作られます。血栓は血管壁に沈着し、血行内腔を狭くすることによって血流を悪くします。
もちろん、血液の中のコレステロールや中性脂肪を減らすのは有効的な方法ですが、コレステロールや中性脂肪を酸化させる元凶の活性酸素を除去するのも重要です。

血行不良の原因とは?

運動不足

運動不足になると筋力も落ちてしまい、血液を送り出す力も弱まってしまうので、血行不良を起こす結果となります。とくに脚の筋肉は血液を心臓へ送り返す大切な役割があるので、鍛えておきたいところ。

一日中じっとしている人、例えば座りっぱなしの事務職や、プログラマーの仕事をしている人は、少しでも時間が空いたら、普段、エレベーターを使うのを止めて、階段を利用するなど、筋力を衰えさせないように体を動かすようにしましょう。

ちなみに、悪い姿勢でいることも血液の流れを悪くする原因となるので、座っていることが多い人などは普段の姿勢にも気をつけましょう!

毛細血管の収縮

外気が冷たいと、私たちの身体は、内臓や脳がきちんと作用するのに必要な熱を確保しようとして、毛細血管を収縮させます。血液から熱が放出してしまうのを防ごうとするわけですね。

この働きから、抹消部位での血行が悪くなってしまうことがあるのです。身体は、できるだけ冷やさないように心掛けましょうね。

低血圧・貧血

低血圧の人の場合、血液が身体の末端まで届きにくいため、末端の血行が悪くなりがちです。

また、貧血の人の場合も、身体の器官へ届けられる酸素の濃度が低いので、細胞における栄養の燃焼が不完全となってしまい、効率良く全身を温めることができなくなってしまいます。

ストレス

ストレスも血行不良の原因となります。そしてこれには、自律神経の作用が関係しています。

自律神経というのは、「交感神経」と「副交感神経」から成るものですが、必要以上のストレスを感じると、「交感神経」が優位な状態を作りだします。

この交感神経というのは、外からの刺激に対抗するためのもの。外からのストレスに対し、ちゃんと反応できるよう、筋肉を緊張させて戦闘状態を作っておくわけです。

これだけを聞くと、「血行が良い状態なのでは…?」 そう感じる人もいるかもしれませんが、それは大きな間違い。たしかに血液循環量はアップしていますが、内臓への血液の供給量が抑制されており、全身に行き届きにくい状態に陥っているのです!つまり、血行不良。

そして、筋肉が緊張し続けているため、身体はクタクタ。慢性疲労の要因ともなります。

また、交感神経が必要以上の緊張状態になると、血液中の「顆粒球」と呼ばれるものが増え、この消滅に伴い発生する活性酸素も増えてしまいます。活性酸素は、サラサラ血液の大敵!血液の流れを滞らせ、血行不良をさらに悪化させてしまうのです。

デスクワークの方必見!座りっぱなしは血行不良やあらゆる症状を引き起こす!?

デスクワークの方はとくに注意していただきたいのが、椅子の座りっぱなし。椅子に長く座ることで、血行不良を招き、むくみやあらゆる症状が出る場合や、猫背が定着してしまい、便秘や胃もたれ、椎間板ヘルニアなどの病気を引き起こすことがあります。また、座りっぱなしが原因であらゆる症状を引き起こすことを「座りっぱなし症候群」と呼ぶことがあります。座りっぱなしが寿命を縮めるということを耳にしたことがある方もいるかと思いますが、それほど座りっぱなしは健康上良くないと考えられているのです。座り続けるくらいで本当に病気になるの?と半信半疑の状態でここを御覧になっている方もいるでしょう。ここでは、座りっぱなしが原因で引き起こる様々な症状や、オフィスで簡単にできる予防策などを紹介したいと思います。

座りっぱなしで起こる恐ろしい症状

腸への負担でガンのリスクが高まる?

座りっぱなしは、インスリンの過剰分泌に繋がることが国立がん研究所の調査によって明らかになっています。過剰分泌されたインスリンは、がん細胞を活性化させてしまうのです。主に、結腸がん、乳がん、子宮膜がんなどを発症する可能性が高まるといわれています。

腰への負担で腰痛を引き起こす

座りっぱなしは腰に負担をかけ続けることになります。加えて、背中を丸めて座る方は要注意。背中に圧力がかかることになるため、この状態で何時間も過ごしていると腰への負担は想像以上に大きいものになるのです。慢性的な腰痛の原因としても考えられます。

睡眠障害を招く可能性がある

足を組んだり、猫背になる方など姿勢の悪さは首に大きな負担をかけることになります。座りっぱなしの状態が続くと、血液は下半身に溜まりやすくなります。その溜まった血液が、夜寝る際に頭へと移動することで睡眠障害を招く恐れがあるとのことです。無呼吸症候群を引き起こす場合もあるようです。

第二の心臓「ふくらはぎ」に血液が溜まる

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるほど、大切な役割を担っています。ふくらはぎを動かすことで、筋肉が収縮して、下半身にある血液を心臓に送り返すからです。しかし、座りっぱなしが続くことで、下半身の血液を心臓へ送れなくなり、血流が滞ってしまいます。症状が悪化すると、血の固まりである血栓が下半身にできてしまい、呼吸困難を招くことも。

エコノミー症候群に似た症状が出ることも

エコノミー症候群とは、長時間同じ姿勢を続けることが原因で引き起こる症状です。機内を降りた瞬間に倒れてしまい、最悪の場合は死に至ることも。先ほどもお伝えしたとおり、座りっぱなしは体内に血栓をつくってしまい、最終的に肺の動脈を詰まらせて呼吸困難などを引き起こします。

血行不良が病気を引き起こす

座りっぱなしは、血行不良を招きますが、その血行不良が原因で脳卒中などの病気を引き起こす可能性があります。

あなたは大丈夫?座りっぱなし症候群のセルフチェック

  • トイレに行く回数が少ない
  • 夕方になると足のむくみが気になる
  • 午後になると目や肌の乾燥が気になり始める
  • ランチタイムもデスクで過ごすことがほとんどである
  • 身体を締め付ける格好をすることが多い
  • 2時間以上連続で座ることがある
  • 1日合計5時間以上座ることがほとんどだ
  • 水分補給を積極的に行わない
  • お茶やコーヒーを飲む機会が多い

以上の項目の中で4つ以上当てはまる方は、座りっぱなし症候群を引き起こす可能性が高いので注意しましょう。

座りっぱなし症候群の予防法

座りっぱなし症候群を予防するためには、オフィスでの過ごし方を工夫する必要があります。ここでは、忙しい方でも簡単に取り入れられるような方法も紹介していきますので、ぜひ参考になさってください。

こまめに席を立つ

どれだけ忙しくても、1時間に1回は席を立つようにしましょう。トイレに行くことができる場合はトイレまで歩くだけでもずいぶん違います。

席を立てない時は座りながら足を動かそう

席を立てない場合は、ふくらはぎの血流を良くするためにも適度に足を動かすようにしましょう。足首を回しながらふくらはぎを動かしたり、足をゆっくり上下にバタバタさせるような動きもオススメです。とにかく足を動かさない状態が続くことが望ましくないので、できる範囲で足を動かしてみましょう。

水分補給をしっかり行う

オフィスにいる間はお茶やコーヒー以外の水分をしっかりとりましょう。お茶やコーヒーにはカフェインが含まれているため、結果的に尿として外に排出されてしまいます。そのため、お茶やコーヒーの場合、水分補給のための飲み物としては不十分なので、カフェインレスのお茶やミネラルウォーターを飲むようにしましょう。水分不足は、身体のあらゆる機能を低下させます。結果的にむくみ、肩こり、腰痛の原因にもなりますので、水分は積極的にとるようにしましょう。

足以外にも気を使う

足を動かすだけでなく、他の部分のストレッチを行うことも大切です。両手を思い切りあげて伸びをしたり、首をぐるぐる回すだけでも効果的です。姿勢の悪さはあらゆる悪影響を及ぼすため、座る姿勢にも気を付けましょう。

座りながらできるストレッチを行う

ここで、ふくらはぎのストレッチ方法をお伝えします。可能な方は靴を抜いでストレッチを行ってください。

  1. 両足をまっすぐ伸ばして、足を高く持ち上げます。(できれば床と平行になる高さ)
  2. つま先を上に向けて、ゆっくり反らします。ふくらはぎがピーンと伸びる感覚を覚えたらそのまま10秒間キープです。
  3. 次に上に向いていたつま先を普通の状態に戻して、今度は足の甲を伸ばすイメージでつま先を伸ばします。
  4. つま先を伸ばすことができたら、そのまま両足で逆八の字を書きましょう。ふくらはぎを横に動かすことができますので、大きく逆八の字を書いてくださいね。
  5. 最後に両足を同時に時計回りに5回、半時計周りに5回回していきます。足首をぐるぐる回るようなイメージです。これで足に溜まってしまった血液を心臓へと戻すことができるでしょう。

足裏を刺激するのも効果的!

足の血流を良くするためにも、足裏を刺激する方法もオススメです。テニスボールやゴルフボールを使って足裏をぐりぐり刺激することで、血流促進に繋がります。同時にリフレッシュ効果も得ることができますので、疲れを感じた時や、休憩時に足裏を刺激すると、とても気持ちが良いですよ。

血流を良くするサプリを飲む

水分補給や足のマッサージなど、あらゆる予防法を試しても座りっぱなし症候群になるかもしれない…と不安を抱えている方。血行不良にならないためにも、血流を良くするサプリメントを飲むのも一つの方法です。通販やドラッグストアなどで購入することができます。サプリメントの販売会社によって成分や原材料が異なるため、ご自身の目で確かめたうえで気になるサプリメントを試してみるのも良いかと思います。

まとめ

座りっぱなしが原因であらゆる症状を引き起こす「座りっぱなし症候群」。放置することであらゆる恐ろしい病気や症状を招きますので、甘くみてはいけません。とくにオフィスワークの方は、状況によっては座りっぱなしの状態が続くことを避けられない場合もあると思います。そんなときは、ここでお伝えしたあらゆる予防策を試してみてくださいね。 

 

Copyright © 血流を良くするサプリの選び方講座 All Rights Reserved.