サイトマップ

血流くするサプリ方講座

元気になりたいひと必見!!血流を良くするサプリを徹底リサーチ

すぐ分かる
血流セルフチェック

血行が悪くなる原因とは

ここでは、血行不良となるメカニズム、及び冷えや運動不足といった、血行不良の原因について詳しく解説しています。

血行不良になるメカニズムとは

血行不良はどんな状態

血行不良とは、血液の中の酸化された悪玉コレステロール(LDL)と中性脂肪といった過酸化脂質が増え、血液が流れにくくなっている状態を指します。血流が悪くなり、当然のことながら血液の供給を受けているさまざまな臓器もダメージを受けます。

血行不良が生じるメカニズムとは?

血行不良になるメカニズムは二種類あります。 一つは、過酸化脂質が血管壁に蓄積し、血管を狭くすることです。 血液中のLDLや中性脂肪が活性酸素によって酸化され、過酸化脂質に変異します。過酸化脂質は血管壁に蓄積し、血管壁は傷つき、厚く盛り上がってきて硬くなり血管を細くしてしまうのです。
もう一つのメカニズムは、 血管に入ったLDLが、活性酸素により酸化されて変性し、マクロファージに食べられてしまいます。LDLを食べ続けたマクロファージは泡状の泡沫細胞となり、TNF-αという物質が生じ、やがて粥状の塊(血栓)を作られます。血栓は血管壁に沈着し、血行内腔を狭くすることによって血流を悪くします。
もちろん、血液の中のコレステロールや中性脂肪を減らすのは有効的な方法ですが、コレステロールや中性脂肪を酸化させる元凶の活性酸素を除去するのも重要です。

血行不良の原因とは?

運動不足

運動不足になると筋力も落ちてしまい、血液を送り出す力も弱まってしまうので、血行不良を起こす結果となります。とくに脚の筋肉は血液を心臓へ送り返す大切な役割があるので、鍛えておきたいところ。

一日中じっとしている人、例えば座りっぱなしの事務職や、プログラマーの仕事をしている人は、少しでも時間が空いたら、普段、エレベーターを使うのを止めて、階段を利用するなど、筋力を衰えさせないように体を動かすようにしましょう。

ちなみに、悪い姿勢でいることも血液の流れを悪くする原因となるので、座っていることが多い人などは普段の姿勢にも気をつけましょう!

毛細血管の収縮

外気が冷たいと、私たちの身体は、内臓や脳がきちんと作用するのに必要な熱を確保しようとして、毛細血管を収縮させます。血液から熱が放出してしまうのを防ごうとするわけですね。

この働きから、抹消部位での血行が悪くなってしまうことがあるのです。身体は、できるだけ冷やさないように心掛けましょうね。

低血圧・貧血

低血圧の人の場合、血液が身体の末端まで届きにくいため、末端の血行が悪くなりがちです。

また、貧血の人の場合も、身体の器官へ届けられる酸素の濃度が低いので、細胞における栄養の燃焼が不完全となってしまい、効率良く全身を温めることができなくなってしまいます。

ストレス

ストレスも血行不良の原因となります。そしてこれには、自律神経の作用が関係しています。

自律神経というのは、「交感神経」と「副交感神経」から成るものですが、必要以上のストレスを感じると、「交感神経」が優位な状態を作りだします。

この交感神経というのは、外からの刺激に対抗するためのもの。外からのストレスに対し、ちゃんと反応できるよう、筋肉を緊張させて戦闘状態を作っておくわけです。

これだけを聞くと、「血行が良い状態なのでは…?」 そう感じる人もいるかもしれませんが、それは大きな間違い。たしかに血液循環量はアップしていますが、内臓への血液の供給量が抑制されており、全身に行き届きにくい状態に陥っているのです!つまり、血行不良。

そして、筋肉が緊張し続けているため、身体はクタクタ。慢性疲労の要因ともなります。

また、交感神経が必要以上の緊張状態になると、血液中の「顆粒球」と呼ばれるものが増え、この消滅に伴い発生する活性酸素も増えてしまいます。活性酸素は、サラサラ血液の大敵!血液の流れを滞らせ、血行不良をさらに悪化させてしまうのです。

 

Copyright © 血流を良くするサプリの選び方講座 All Rights Reserved.