サイトマップ

血流くするサプリ方講座

元気になりたいひと必見!!血流を良くするサプリを徹底リサーチ

すぐ分かる
血流セルフチェック

すぐ分かる血流セルフチェック

あなたの血管と血液、大丈夫ですか?
体の最大の臓器は実は血管です。血液や血管の状態は全身に大きな影響を及ぼしています。ここでは、簡単にできるセルフチェック方法部位別の詳しいチェック方法を紹介しています。

簡単にできる血流チェック法

ここ最近、しばしば感じた症状をチェックしてみてください。当てはまる項目数が多いほど、血流が悪い可能性が高いです!

  • いつも手足が冷えている
  • 平熱が36度以下
  • いつも血圧が低い
  • 夜中にトイレに行くことが多い、目覚めも悪い
  • 運動をしても汗をかきにくい
  • ちょっと動いただけで動悸や息切れがする
  • 肌や唇のくすみが気になる
  • 目の下にクマができやすい
  • 爪が乾燥し割れることが多い
  • イライラしたり集中できないことが多い
  • 疲れっぽい
  • 頭痛や肩コリが多い
  • 耳を折ると激痛が走る
  • 胃もたれすることが多い
  • 便秘や下痢など腸の調子が不安定
  • 足のむくみに悩んでいる
  • 生理痛がひどい

結果はいかがでしょうか?
血流が悪いと、肌荒れやむくみ、冷え性など、さまざまな健康トラブルが起きる可能性があります。さらに、心筋梗塞や脳梗塞などにかかわる重篤な病気がに罹ることもあるかもしれません。取返しがつかなくなる前に、早めの血流ケアを!

まずは血流を悪くする元凶を知ったうえで、正しい対策を打ちましょう。

必見!血流を悪くする元凶と対策方法

部位別にチェックしてみましょう

以下にもっと詳しい血流のチェック方法を部位別に挙げてみました。

心臓の血流チェック

心臓の血流が滞ると、不整脈や狭心症、また最悪の場合、心筋梗塞や心不全などの大きな病気を引き起こす原因となります。

(チェック法)

  1. 5秒間くらい、足の甲を指で押して下さい。
  2. 指が離れた後に、きちんと元に戻れば大丈夫です。
  3. 指を戻しても、クボミがそのまま残る場合は、心臓に何らかの異常があるかもしれません。
    また、同じようなことが腎臓や肝臓障害にも起こる可能性があるので、十分な注意が必要です。

脳の血流チェック

脳への血の流れが悪くなると、物を忘れやすくなったり、酷い場合は脳卒中を引き起こす原因にもなります。

(チェック法)

  1. 顔の目の前で、人差し指を左右にゆっくりと動かし、それを目で追います。
    (※顔は動かさず目だけで)
  2. そして、指を止めてみてください。
  3. 止めた時、指がはっきりと1本に見えれば、問題ありません。
    もしダブッて見えたり、残像が見えるような場合には、注意が必要です。

首の血流チェック

首の血流が滞ると、眩暈や意識障害、失神などの症状につながることもあります。

(チェック法)

  1. 首を、15秒間ぐらいずつ、左右に向けてみてください。
  2. 何も感じなければ問題ありません。
  3. もしも残像が見えたり、見ている物がダブって見える場合は要注意です。首への血の流れが滞ってしまうと、眩暈、失神、意識障害を起こす原因にもつながります。
    眩暈ではなくても、何となく違和感を覚える方は、血流の流れを良くするために、首の筋肉を鍛えるなど努めましょう。

腎臓の血流チェック

腎臓の血流が滞ると、高血圧、腎不全、貧血や尿異常などの症状を引き起こす可能性があります。さらに高血圧が進むと、視界の一部が欠けて見えるような症状に陥る危険性もあります。

(チェック法)

  1. 新聞紙を広げ、中央部分に直径2、3cmくらいの「○」を書いてください。
    (※新聞紙がないようであれば、大きさが縦54.5cm×横82cmくらいの紙を使っても大丈夫です。
  2. 赤いマジックで新聞紙の四隅に自分の名前を大きく書いてください。
    (例:鈴木太郎さんの場合、四隅にそれぞれ「鈴」、「木」、「太」、「郎」と書きます)
  3. 片目で、中央に書いた「○」を見つめてみましょう。
  4. 紙の四隅に赤く書いた文字が、はっきり見えずに何となく書いてある程度であっても、全て見えれば問題はありません。
    もし、視野の中に一角でも文字が入ってこない場合、「眼底」という箇所に異常が起きている可能性が考えられます。

肝臓の血流チェック

肝臓への血の流れが悪くなると、疲れを感じやすくなったり、肝臓の機能低下が原因で、大きな病気を引き起こす原因にもなるので、十分な注意が必要です。

(チェック法)

  1. まず鏡の前に立ち、自分の顔を良く見て下さい。
  2. 頬のあたりに、血管がクモの巣の形で赤く浮いている症状の場合は、十分な注意が必要です。この症状は「クモ状血管腫」というもので、毛細血管が拡張したことが原因で、体内にあるエストロゲンが肝臓で代謝ができない状態のことを指します。
  3. 胸や掌でも、同じ症状が起こることがあります。また、吐血やヘソ周りの血管が浮くなどの症状がある場合、肝機能障害の可能性があるので、すぐに診察を受けることをおすすめします。

女医の画像セルフチェックの結果、ご自身の血流に不安を覚えた方や血流が悪い可能性がある方には「血流を良くするサプリメント」がおすすめです。

血流改善は、その効果が目に見えて分かるわけではないため、ウォーキングや食生活改善を行ったとしても、途中で挫折する方も少なくないと言われています。

その点、サプリメントであれば毎日カプセルや錠剤を飲むだけ。血行が悪くなる最大要因「活性酸素」を除去する成分が効率的に摂れるため、高い効果も見込めます。

必見!血流を良くする抗酸化サプリとは?

 

Copyright © 血流を良くするサプリの選び方講座 All Rights Reserved.