サイトマップ

血流くするサプリ方講座

元気になりたいひと必見!!血流を良くするサプリを徹底リサーチ

すぐ分かる
血流セルフチェック

血流を良くする漢方の役割と注意点

そもそも漢方とは?

漢方薬の始まりは、5世紀頃に日本に伝わった中国の伝統医学である「中医学」です。それから漢方医学の理論に基づき、日本の気候や風土、日本人の体質に合わせて独自に発展しました。漢方薬は長い歴史の中で、草、木の 皮や根、実、種、動物の体の一部や貝殻、石(化 石)など自然資源のみを複数組み合わせて作られてきました。漢方薬の特徴としては、一つの薬がさまざまな症状に適用することです。病気自体を治療するよりも病気の背景となる体内のバランスの悪さを改善するのが、漢方の基本的な考え方です。
ここでは、漢方の三つの考え方を紹介します。

虚実を考える

漢方は体や体質を「虚」と「実」に分けて考えています。簡単に考えれば「患者さんの見た目」のことです。「実」とは体力や抵抗力がありそうな人を指し、逆に「虚」とは体力や抵抗力がない人を指します。臓器の働きが低下している状態を「腎虚」「脾虚」などと呼んだりします。

五臓の働きを考える

漢方では「肝」「心」「脾」「肺」「腎」の5つの臓器を漢方では「五臓」と呼んでいます。各臓器は以下のような働きを果たしています。
「肝」血を蓄え、毒を処理する
「心」血を全身まで運び、身体のバランスを保つ
「脾」食べ物の消化と栄養を吸収、水分を体中に運ぶ
「肺」呼吸、水分を体中に運ぶ
「腎」排尿を調節する、足腰を強くする、体の成長・老化に関わる

気血水を考える

漢方の考え方では、人間の体は「気」「血」「水」の三つ要素から成り立ち、この三つの要素は一緒に働いて体を動かしているのは「気血水理論」です。それぞれの働きは以下の通りです
「気」目に見えない体を動かすエネルギーのことです。気が体全体を隅から隅まで潤滑に循環していれば、臓器や体も元気に働きます。
「血」体内に流れている血液のことです。体の栄養などを全身に運ぶ働きを果たしています。
「水」体内の水分のことです。血液以外のリンパ液や消化液、唾液などがこれに該当します。
漢方の概念では、これら気・血・水がバランスよく巡っている状態を目指しています。

漢方が血流改善に効く理由

血流をよくすることとは、血液がサラサラになり、血圧が正常値に戻り毛細血管まで血液が循環し、血液中の老廃物が排出される状態を言います。
血流がよくなると、高血圧、肩や腰の痛み、冷え性、むくみ、肌のトラブルなどの症状が改善されます。血流の改善に効くメカニズムは使われている生薬により異なります。例えば、生薬の「牡丹皮」に含まれる成分は「血小板凝集抑制」の作用が働き、血流を良くするのです。「当帰」は補血作用により血液量を多くすることで、血流をよくする効果を働きます。漢方は西洋医学が解決できない体の不良を改善することができることで注目されています。効果の穏やかな生薬が配合されているため、長期的に取り入れても副作用が起こりにくいのが大きなメリットです。

漢方を服用するときの注意点

漢方は患者さん一人一人の体質や症状に合わせて服用する必要があるため、自分に合っていない漢方を飲んでも効果が発揮しません。漢方を服用する際に、知識や経験を持った医師から処方をもらうようにしましょう。

おすすめの血流をよくする漢方

冠元顆粒

ドロドロの血液をサラサラにする効果があります。丹参をはじめ、芍薬や木香などの生薬が含まれており、血行不良による諸症状を改善する効果があると言われています。

防已黄耆湯

血流がわるくなり、手足などに出てくるむくみを改善する効果があります。むくみが出る場合は、漢方で言うところの「気」のバランスが乱れている症状です。 大棗(たいそう)をはじめ、黄耆、生姜などの生薬が配合されています。

当帰芍薬散

体のすみずみまで血がめぐらない症状である貧血や冷え性の改善に効果的です。貧血や冷え性の場合は、「血」のバランスが乱れている症状です。 全身に大切な栄養を与え、血行を良くするのと同時に、水分代謝を整えることで余分な水分を体からとり除きます。 当帰をはじめ、 川芎、 茯苓などの生薬が配合されています。

 

Copyright © 血流を良くするサプリの選び方講座 All Rights Reserved.