サイトマップ

血流くするサプリ方講座

元気になりたいひと必見!!血流を良くするサプリを徹底リサーチ

すぐ分かる
血流セルフチェック

カテキン

カテキンによって血の巡りを良くすることができる理由を説明します。

カテキンが血流を改善する仕組み

胆汁酸を生成して血中コレステロールを減らす

カテキンは高い抗酸化作用や殺菌作用を持つ成分として知られており、生活習慣病の予防に大きな効果を発揮します。中でも注目すべきは、血中コレステロールを減らす働き。コレステロールは細胞膜を作ったりホルモンを分泌したりする、体内になくてはならない成分ですが、血中コレステロール値が高くなると血管が詰まる危険性が出てきます。血管内でコレステロールを運ぶタンパクであるLDLが増えると血管壁が傷つき、その傷からLDLが侵入。LDLは徐々に老廃物をためるプラークになり、破れやすいコブを作って血栓をできやすくします。血管が塞がってしまうため、場所によっては心筋梗塞や狭心症などの重い症状が出るように。心臓や脳の血管が塞がれる、非常に危険な状態に陥ります。

防ぐにはカテキンを毎日摂取することが重要。カテキンは肝臓でコレステロールを原料としてつくられる胆汁酸の排出を促すため、血中コレステロールの増加を防ぎます。胆汁酸は腸から吸収されて再利用されますが、カテキンを摂ると吸収されずにそのまま体外へ排出。新たな胆汁酸をつくるために余分な血中コレステロールが消費されていくので、量を一定に保てます。

カテキンが多く含まれる緑茶を食事と一緒に摂取すると2ヵ月後から血中コレステロールが徐々に低下するといった結果も。この際に減少するのは酸化LDLをつくる悪玉の「LDLコレステロール」だけで、善玉といわれる「HDLコレステロール」には影響しません。

抗酸化作用で血管の状態を改善する

血管が活性酸素による酸化ストレスで傷ついてしまうと、破れないようにどんどん硬くなってしまいます。

動脈硬化と呼ばれる症状で、悪化すると心筋梗塞や脳卒中など命にかかわる病気を発症。カテキンはビタミンEの50倍ともいわれる高い抗酸化作用があるため、活性酸素から受けるダメージをおさえます。

西南女学院大学では540mgのカテキンを含有した緑茶を1日350ml摂取する臨床実験を4週間実施。カテキンの抗酸化作用で血液の中のLDLを減らすので、血管の状態が改善されて、その結果、血の流れが良くなることがわかっています。カテキンを継続して摂ることで体内にある活性酸素が細胞を傷つけるのを防ぐため、酸化ストレスの発生を防ぐことが可能です。血管が傷つかないので、柔軟な血管のまま血の流れをスムーズに保てます。

カテキンを使ったおすすめサプリ

活緑カテキン
カテキンを使ったおすすめサプリ「活緑カテキン」
価格 4,320円(90粒)
商品特徴 特徴1日3粒で緑茶8杯ぶんのカテキンを摂取可能。カフェインを99%カットしているので安心して飲めます。
特徴独自の特許技術により高濃度に凝縮されたカテキンが配合されています。
主な成分 緑茶カテキン、ビタミンC、ビタミンEなど
口コミ飲み始めてから朝スッキリ起きられるようになって驚いています。出かける前や一日の仕事が終わって帰ってきたときに疲れを感じることが減りました。だるくなることもなく毎日元気に過ごせています。
口コミ外出するたびに疲れを感じるようになり、活緑カテキンを飲むように。暑い日でも体が軽く感じるので、気軽に外出できて嬉しいですね。
 

Copyright © 血流を良くするサプリの選び方講座 All Rights Reserved.